New □□□□□□□□ 新刊のご案内 : 2017年11月17日発売 □□□□□□□□□□
■ 震災学 vol.11

岩手・宮城・福島の地元放送局アナウンサー、東日本大震災から6年目の思いを紹介するほか、〈震災と演劇〉〈震災と文学〉など多彩な切り口で被災地からの声を発信。福島県南相馬市在住の芥川賞作家・柳美里のエッセーも収録。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行/東北学院大学
発売/有限会社荒蝦夷 
発行日/2017年11月17日
体裁/A5判・228頁
本体定価/1,800円+税
ISBN 978-4-904863-60-2 C0036
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
【 目次紹介 】

【第1章】地元局アナウンサーの6年
「あのとき」の向こうに地域ラジオの未来は見えたか NHKラジオとコミュニティFM……杉尾宗紀(NHK仙台ラジオパーソナリティ)
[座談会]アナウンサーたちの3・11……神山浩樹(IBC岩手放送報道局アナウンス部専任部長)×藤沢智子(東北放送取締役ラジオ局長)×石垣のりこ(エフエム仙台アナウンサー)×菅原美智子(ラジオ福島放送制作センターアナウンサー)×杉尾宗紀

【第2章】震災と演劇
[座談会]〈震災戯曲〉のいま 岩手・宮城・福島 あの日からの演劇……くらもちひろゆき(「架空の劇団」代表)×鈴木拓(元Art Revival Connection TOHOKU事務局長)×佐藤茂紀(「劇団ユニット・ラビッツ」主宰)×文月奈緒子(劇作家)
今こそ東北に木造の劇場を 震災を越えた東北弁シェイクスピア劇団……下館和巳(東北学院大学教養学部教授)
〈原発事故後〉を表現した高校生たちの軌跡 福島県立相馬高校放送局『今伝えたいこと(仮)』……平間真太郎(フリージャーナリスト)
「いしのまき演劇祭」レポート 故郷・石巻に演劇を届ける……芝原弘(俳優)
演劇と震災の渚 演劇という営みに関する覚え書き……八巻寿文(せんだい3.11メモリアル交流館館長)

《エッセイ》南相馬にて――2017……柳美里(小説家・劇作家)

【第3章】震災と文学  
東北独立文学論……赤坂憲雄(学習院大学教授・福島県立博物館館長・遠野文化研究センター所長)
復興と地域の未来……山下祐介(首都大学東京都市教養学部准教授)

【第4章】記録する・伝える
24年目の奥尻島にて 北海道南西沖地震を体験した研究者の7月12日……定池祐季(東北大学災害科学国際研究所助教)
東日本大震災 震災遺構の今 震災発生6年目の整備保存の現状と課題……佐藤翔輔(東北大学災害科学国際研究所准教授)
古文書解読アプリから広がる災害研究 京都大学古地震研究会「みんなで翻刻」プロジェクト……磯辺康子(フリーライター)

【第5章】地域と震災
東日本大震災の被災地における応援職員の活動実録 宮城県女川町を中心に……福嶋明(兵庫県西宮市役所道路用地課副主査)
埴谷島尾記念文学資料館 再開までの道のり 南相馬市小高区配属職員からの報告……寺田亮(南相馬市埴谷・島尾記念文学資料館主査)
〈仙台市職員からみた震災記録チーム〉の試み 自治体職員の震災体験を活かす「Team Sendai」……中林加南子(朝日新聞社記者)
〈命の水〉復旧を支えた〈水道一家〉 仙台市水道局と東日本大震災……関口幸希子(フリーライター)



□□□ 東北学院大学地域共生推進機構 連続講座 〈震災と文学〉 2017年度後期 □□□

*どなたでも受講できます。事前にお申し込みの上、当日会場へお越しください。

【1】 高成田享 (仙台大学教授) 「さかな記者がみた石巻の6年」
終了しました。
【2】 土方正志・大和田雅人・川元茂 「仙台に文学賞を 仙台短編文学賞ことはじめ」
終了しました。
【3】 御厨貴(東京大学先端科学技術研究センター客員教授) 「近現代史における〈災後〉をいかに考えるか」
みくりや・たかし 1951年、東京生まれ。東京大学先端科学技術研究センター客員教授。東京大学法学部卒業。政策研究大学院大学教授、東京大学教授を経て現職。専門は政治史、オーラル・ヒストリー。東日本大震災復興構想会議議長代理、復興庁復興推進委員会委員長代理を歴任。主著に『政策の総合と権力 日本政治の戦前と戦後』(東京大学出版会/サントリー学芸賞)、『馬場恒吾の面目 危機の時代のリベラリスト』(中公文庫/吉野作造賞)、『権力の館を歩く 建築空間の政治学 』(ちくま文庫)、『政党政治はなぜ自滅したのか? さかのぼり日本史』 (文春文庫)など。
期日/12月18日(月) 18:00〜19:30
会場/東北学院大学 土樋キャンパス ホーイ記念館ホール(地階)
受講料/無料どなたでも受講できます

【申込方法】
氏名・年齢・住所・連絡先(電話番号、メールアドレス)、受講希望日をご明記の上、ハガキ、FAXまたはEメールにて事前にお申込みください。

【お問合せ・お申込み】
東北学院大学 地域共生推進機構 〒980-8511 仙台市青葉区土樋1-3-1
TEL:022-264-6562  FAX:022-264-6522  Eメール:kikou @staff.tohoku-gakuin.ac.jp

【会場案内】  [アクセス]
JR仙台駅から徒歩20分。地下鉄「五橋駅」または「愛宕橋駅」から徒歩5分。バス停「福祉プラザ前」から徒歩5分。
*一般用駐車場はございません。ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。

【4】 和合亮一(詩人) 「未来を祀るために 未来神楽をめぐって」
わごう・りょういち 1968年、福島県福島市生まれ。詩人。福島大学教育学部卒業。『AFTER』で第4回中原中也賞、『地球頭脳詩篇』(共に思潮社)で第47回土井晩翠賞を受賞。東日本大震災直後からツイッターで発した言葉は詩集3部作『詩ノ黙礼』(新潮社)、『詩の礫』(徳間書店)、『詩の邂逅』(朝日新聞出版)に結晶。ほか『詩の礫 起承転転』(徳間書店)、『廃炉詩篇』(思潮社)、『昨日ヨリモ優シクナリタイ』(徳間書店)、『生と死を巡って 未来を祀るふくしまを祀る』(イースト・プレス)など著書多数。
期日/2018年2月9日(金) 18:00〜19:30

【5】 大澤真幸(社会学者) 「震災とナショナリズム」
おおさわまさち◎1958年、長野県生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。京都大学大学院教授を経て個人思想誌『大澤真幸THINKING「O」』主宰。『ナショナリズムの由来』(講談社/毎日出版文化賞)、『自由という牢獄責任・公共性・資本主義』(岩波書店/河合隼雄学芸賞)、『文明の内なる衝突 9.11、そして3.11へ』、『考えるということ知的創造の方法』(共に河出文庫)、『山崎豊子と〈男〉たち』(新潮選書)、『憎悪と愛の哲学』(KADOKAWA)、「〈世界史〉の哲学」シリーズ(講談社)など著書多数。
期日/2018年2月16日(金)18:00〜19:30

    主催/東北学院大学地域共生推進機構
    企画・コーディネート/有限会社荒蝦夷

□□□□□□□□□ 新刊のご案内 : 8月6日発売 □□□□□□□□□□□□
■ 石巻学 vol.3
特集 「牡鹿とクジラ」

■内容■
明治から昭和にかけ、近代捕鯨の一大拠点として栄えた宮城県石巻市の鮎川地区(旧牡鹿町)。東日本大震災で甚大な被害を受けたこのエリアを捕鯨問題、食文化、コミュニティ再生など、多彩な観点から浮き彫りにする。研究者や地元の捕鯨船員、震災後の新規移住者まで登場者も多彩。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行/石巻学プロジェクト
発売/有限会社荒蝦夷 
発行日/2017年8月6日
体裁/A5判・136頁
本体定価/1,500円+税
ISBN
978-4-904863-58-9 0039
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
【 目次紹介 】

特集「牡鹿とクジラ」
【巻頭写真】鮎川1910〜1966 古写真でみるクジラのまちの記録/写真◎ロイ・チャップマン・アンドリュース/鹿井清介
画になる風景・画になる人びと/加藤幸治(東北学院大学文学部教授)
【座談会】クジラを食す 鯨食から捕鯨を考える/小泉武(クジラ食文化を守る会理事長)×須能邦雄(石巻魚市場社長)×高成田享(仙台大学教授)
【対談】鮎川の復興はクジラから/大隅清治(日本鯨類研究所名誉顧問)×大島幹雄(石巻学プロジェクト代表)
【ロングインタビュー】ある〈マルハマン〉の記憶 大島武夫の88年
鮎川へ ふたりのクジラ捕りの今/山川徹(ルポライター)
アラスカ、バロー フランク安田がいたクジラ猟の町で/河内牧栄(ネイチャーガイド)
みずからの歩みをつづる 沿岸捕鯨の歴史を見つめなおす試み/赤嶺淳(一橋大学大学院社会学研究科教授)
被災の浜2017 牡鹿半島点描/鈴木孝也(地域ジャーナリスト)
【座談会】鮎川の人・歴史・これから/成澤正博(鮎川の風景を思う会代表)×加藤幸治×太田和美(アーティスト)×大島幹雄
【インタビュー 牡鹿半島に生きる】
大工人生 写真人生/鹿井清介◎鯨歯工芸職人三代/千々松正行◎ダリヤ食堂と『鯨と斗う男』/遠藤宮子◎若旦那の宿命を感じて/目黒政明◎牡鹿の人間関係に飛び込む/遠藤太一◎ここには生き方の見本がある/鈴木省一・陽子◎ホヤ養殖にかける/渥美貴幸◎「おしかびと」をつなぐ「おしかリンク」/犬塚恵介◎「牡鹿半島食堂いぶき」の夢/堀越千世◎IT職から漁師に転身/黒澤琢也

【連載】
石巻さかな族列伝[3]捕鯨から世界を見る 鮎川捕鯨・伊藤稔/高成田享
復活の企業[3]キーワードは規模縮小と新商品開発 山徳平塚水産・平塚隆一郎/古関良行(河北新報社石巻総局長)
岡田劇場物語[3]興業の神様・初代菅原一蔵と岡田座/大島幹雄
私説コメディアン由利徹[2]『てなもんや三度笠』の時代/澤田隆治
本間家蔵出しエッセー[3]明治時代の婦人会活動 明治と平成の大津波から6年後を見る/本間英一(石巻震災土蔵メモリアル基金代表)

「石巻学プロジェクト」とは/編集後記
イラスト◎下河原幸恵



□□□□□□□ 新刊のご案内 : 2017年3月11日発行 □□□□□□□□□□
■ 勝山海百合現代語訳 只野真葛の奥州ばなし
芥川龍之介も愛した江戸時代の仙台、不思議なお話。
江戸時代の仙台に、こんな女性作家がいた!
その名は只野真葛(1763〜1825)。『赤蝦夷風説考』工藤平助の娘にして、『南総里見八犬伝』滝沢馬琴を師と仰いだ〈才女〉の、江戸の仙台不思議ばなし集『奥州ばなし』を初の現代語訳!
訳者は東北が生んだ現代の女性作家・勝山海百合(日本ファンタジーノベル大賞)!コワくて愉快でちょっとおかしくて、そしてどこかなつかしい仙台の昔ばなしを、いまここに!

体裁/四六判並製136頁
価格/2,100円+税
発行日/2017年3月11日
発行/有限会社荒蝦夷
ISBN978-4-904863-56-5 C0093
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
【著】只野真葛〔ただの・まくず〕

1763(宝暦13)年〜1825(文政8)年。本名・あや(文、あや子)。江戸期の文人。北方海防を世に問う『赤蝦夷風説考』などを著した仙台藩医・工藤平助の長女として江戸に生まれる。早くから古典などを学び、国文や和歌の才能を見せた。16歳で奥女中奉公に出て藩主重村夫人に仕え、姫君詮子の縁組に伴い井伊家に移る。26歳で奥を辞して武家に嫁ぐも間もなく離縁。35歳のとき只野伊賀の後妻となり、初めて仙台へ。年の離れた弟源四郎の後ろ盾となる有力藩士に嫁がせたいという平助の願いを受けてのものだった。只野家は加美郡中新田に1200石の拝領地を有する着座2番目の家柄。あやは先妻の子らの養育に勤めつつ執筆を続け、終生を仙台で過ごした。著書に『奥州ばなし』のほか『みちのく日記』『塩竈まうで』『むかしばなし』『七種のたとへ』『真葛がはら』『いそづたひ』『独考』など。江戸の読本作家・滝沢(曲亭)馬琴に添削と批評を乞うなどした。

【現代語訳】勝山海百合〔かつやま・うみゆり〕

1967年、岩手県奥州市生まれ。宮城学院女子短期大学、清泉女子大学卒業。1995年、岩手日報社『北の文学』優秀賞(「草原」)。2006年、ビーケーワン怪談大賞(「軍馬の帰還」)。2007年、『幽』怪談文学賞短編部門賞(「竜岩石」)。2011年、『さざなみの国』(新潮社)により日本ファンタジーノベル大賞受賞。著書に『竜岩石とただならぬ娘』『十七歳の湯夫人』(共にMF文庫ダ・ヴィンチ)、『玉工乙女』(早川書房)、『狂書伝』(新潮社)、『月ノ森の真弓子』(イースト・プレス)、共著に『渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉』(荒蝦夷)がある。

□□□□□□□ 新刊のご案内 : 2017年4月5日発売 □□□□□□□□□□
■ 震災学vol.10


発行/東北学院大学
発売/有限会社荒蝦夷
発行日/2017年3月23日
発売日/2017年4月5日
体裁/A5判・282頁
価格/1,800円+税
ISBN 978-4-904863-57-2 C0036
【 目次紹介 】

[巻頭言]「贈ること」と、「お人好しのお馬鹿さん」になるすすめ  佐々木俊三

【第1章】 震災と霊性 
シンポジウム〈「復活と創造 東北の地域力」震災と霊性――亡き人の声を感じ、生きるという力――〉
「震災と霊性」とは  佐々木俊三
[意見発表]問題提起――亡き人への手紙  金菱清
死者との相互行為  麥倉哲
『Kesennuma,Voices.』  堤幸彦
生きていくうえでかけがえのないもの  若松英輔
[ディスカッション]いかに「死者」と向き合うか  堤幸彦×若松英輔×麥倉哲×金菱清

【第2章】里浜復興のシナリオ
本章について  平吹喜彦
仙台湾沿岸被災地における景観再生 持続的な生態系サービスの享受を目指して  原慶太郎
生態系を活かした天然の防潮堤とは  岡浩平
海岸林の生態系サービスと海岸防災林復旧事業を考える 富田瑞樹
海岸エコトーンの多様性・多機能性・恒常性を活かす  平吹喜彦
海浜の椿からの思考 津波という風土を生きるデザインのために  千葉一
仙台市宮城野区新浜の歴史遺産と復興 拠りどころとしての先人の暮らし  菊池慶子
浦戸諸島野々島における防潮堤問題解決への道のり 民官学の連携による合意形成  裄V英明
復興まちづくりと住民自治組織 あらためて問われる住民参加・合意形成の仕組みづくり  佐々木秀之
《座談会》里浜遠景/近景 自然と歴史から復興を考える  平吹喜彦×菊池慶子×裄V英明×佐々木秀之×佐々木俊三

【第3章】 震災と文学
被災地の記憶を刻んで 〈仙河海〉覚え書き  熊谷達也
震災詠――俳句表現を通して  渡辺誠一郎(俳人)
【第4章】地域からの声 
震災後の「外国人犯罪」の流言  郭基煥
奥松島の被災と観光 宮城県東松島市・消えた「歴史」は可視化できるか  西脇千瀬
東日本大震災における仙台市の対応  佐々木英夫
「想定外」の連続台風 濁流に飲み込まれた北海道南富良野町  岩崎あんり
大地震から2年、ネパールの現在 仙台在住ネパール人の目に移った故郷の姿 平間真太郎


八文字屋書店泉店特設会場にて!去る1月21日(土)に開催された東雅夫・黒木あるじ・土方正志の「怪談・幻想文学2016ベストブックトーク」ですが、どんなベストテンになったのか知りたいとのお問い合わせをいただいておりますので、ここに公開しておきます。

読書計画のご参考に、あるいは書店さんならブックフェアの企画などにご活用いただければ幸いです。

ブックリストはこちらです。

NHK仙台放送ラジオ『ゴジだっちゃ!』の〈荒蝦夷〉土方正志担当
「注目! 宮城本」コーナー(毎月最終木曜日)で取り上げた、今年のブックリストを
ご紹介します!
お休みの月もありましたが、まずは年末年始の読書計画のご参考にどうぞ!
来年もよろしくお願いします!

・紹介本のリストはこちら
・番組ホームページはこちら

発表! 仙台オヤジ編集者おススメ本ベストテン2016!

ブックリストはこちらです。

解説付きブックリストはこちらです。

□□□□□□□□□ 新刊のご案内 : 11月10日発売 □□□□□□□□□□□□
■ 震災学vol.9


発行/東北学院大学
発売/有限会社荒蝦夷
発行日/2016年11月10日
体裁/A5判・224頁
本体予価 1,800円+税
ISBN978-4-904863-55-8 C0036
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
【 目次紹介 】

巻頭言/視線の来歴と、「判断する力」/佐々木俊三(東北学院大学学長特別補佐)

【第1章】霊性を読み解く
東日本大震災5年緊急シンポジウム〈霊性を読み解く―タクシーの幽霊現象の反響と課題〉の開催意義について/佐々木俊三(東北学院大学学長特別補佐)◎東日本大震災から5年目を迎え今求められることは何か/金菱清(東北学院大学教養学部教授)
[報告]幽霊現象における畏敬の気持〜石巻タクシードライバーの体験を事例に〜/工藤優花(東北学院大学4年)◎一人ひとりが紡ぐ「物語」に寄り添う/金田諦應(通大寺住職・移動式傾聴喫茶「カフェ・デ・モンク」マスター)◎東日本大震災と文芸としての〈怪談〉/土方正志(有限会社荒蝦夷代表取締役)◎死者と生者の接点/鈴木岩弓(東北大学大学院文学研究科教授)

【第2章】被災地からの発信
熊本地震・土砂災害のメカニズム/平間真太郎(フリーライター)◎詩「福島から熊本へ」/和合亮一(詩人)◎地元紙記者の見た熊本地震/浪床敬子(熊本日日新聞社会部編集委員)◎二つの被災地/河添結日(共同通信社福岡支社北九州分室記者)◎地震が壊していったもの/松田靖(東海大学農学部准教授)◎被災地とことば/田尻久子(橙書店店主・『アルテリ』編集責任者)◎「あの日」からのタウン誌 仙台・福島・熊本の経験から/川元茂(プレスアート編集部部長)×廣澤史大(エス・シー・シー『シティ情報ふくしま』編集長)×園城雅子(ウルトラハウス営業企画部副部長)

【第3章】若者たちの震災
震災で親を亡くした子どもの養育/和泉広恵(日本女子大学人間社会学部准教授)◎東北福祉大学Team Bousaishi/関口幸希子(フリーライター)

【第4章】未来への記録
震災と外国人 要援護者から協力者へ/須藤伸子(仙台観光国際協会国際化推進課長)◎被災地図をつくる/千葉由香(有限会社荒蝦夷取締役・『仙台学』編集長)◎企業信用調査と震災ビッグデータ/小嶋涼平(帝国データバンク仙台支店調査第一部部長) 
 
【第5章】うかびあがる地域の課題
飯舘村出身記者の5年半/大渡美咲(産經新聞東北総局記者)◎震災復興と企業経営/佐々木郁子(東北学院大学経営学部教授)◎遠野市後方支援資料館訪問記/西脇千瀬(地域社会史研究者)◎岩手台風被害の現場から/手塚さや香(釜石リージョナルコーディネーター)


□□□□□□□□□ 新刊のご案内 : 8月30日発売 □□□□□□□□□□□□
■ 石巻学 vol.2
特集「港町シネマパラダイス」

■内容■

東日本大震災の被災地・宮城県石巻市はかつて特徴ある映画館が奮闘し、市民の自主上映活動もさかんだった。映画好きが多いといわれるこの地域の映画や映画館の思い出、石巻ロケ作品などとともに、今も息づく映画への思いを紹介する。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行/石巻学プロジェクト
発売/有限会社荒蝦夷 
発行日/2016年8月30日
体裁/A5判・128頁
本体定価/1,500円+税
ISBN 978-4-904863-54-1 0039
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
【 目次紹介 】

特集「港町シネマパラダイス」
【座談会】あのときあの映画があった〜石巻映画クロニクル〜
稲井峯弥(元テアトル東宝支配人)×菅原宏(オカダプランニング会長)
阿部和夫(石巻市芸術文化振興財団理事長)×大島幹雄(石巻学プロジェクト代表)
港町てづくり上映会群像/久野義文(三陸河北新報社記者)
昭和33年 石巻映画館散歩/阿部和夫(石巻市芸術文化振興財団理事長)
石巻生まれの映画人 小杉勇/本庄雅之(東京中日スポーツ記者)
銀幕のなかの由利徹[新連載・私説コメディアン由利徹]/澤田隆治(メディアプロデューサー)
【聞き書き】あの劇場・あの映画 わたしの思い出
青春の戦後映画館/A・K◎昭和映画劇場の8年間/菊地やす子◎映画とストッキング/鈴木芙佐子◎大魔神からチャップリンまで/中嶋裕人◎東北館と金曜映画館/近江志乃
〈監督に聞く〉門脇・南浜・雲雀野の「時間」を描く/青池憲司◎『弁護士 布施辰治』と石巻/池田博穂◎震災と映画/大和優雅

【連載】
岡田劇場物語[2]〜二代目菅原宏 興行師の美学〜/大島幹雄
岡田劇場物語《番外編》被災地に映画を届ける/大島幹雄
復活の企業[2] NO HOPE NO LIFE 「希望の缶詰」からの再出発/木村長努(木の屋石巻水産)
石巻さかな族列伝[2]鮮魚店から海を見る 佐々木和子/高成田享(仙台大学教授)
本間家蔵出しエッセー[2]アメリカ式捕鯨船「金華山丸」 石巻から見た捕鯨外史/本間英一(石巻震災土蔵メモリアル基金代表)


 新刊のご案内 : 2016年7月30日発売 
 渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉
  鎮魂と哀惜──東日本大震災、東北の作家たちが綴った海辺の怪異譚。
体験談、採話、創作とさまざまな「震災怪談」45篇を収録。私たちとともに生きる〈亡き人〉たちの物語を、いまこそ。
 
【収録作家】書き下ろしを含む10人の作家45作品を収録!

・黒木あるじ(『無惨百物語 ゆるさない』など)

・勝山海百合(『さざなみの国』など)
・小田イ輔(『実話コレクション 忌怪談』など)
・郷内心瞳(『拝み屋怪談 逆さ稲荷』など)
・阿部喜和子(『龍の琵琶』など)
・須藤文音(共著『地震のはなしを聞きに行く 父はなぜ死んだのか』)
・崩木十弐(共著『怪談実話コレクション 阿鼻叫喚の開幕編』)
・根多加良(共著『超短編の世界』)
・鷲羽大介(共著『皿屋敷 幽霊お菊と皿と井戸』)
・ジャパコミ(『みちのく怪談コンテスト傑作選2011』等に作品収録)
【解説】 東雅夫(アンソロジスト・文芸評論家・怪談専門誌『幽』編集顧問)
【編】 東北怪談同盟
【価格】 2,300円+税
【発売】 2016年7月30日
【発行】 有限会社荒蝦夷
ご購入は取扱店またはこちらから【honto




□□□□□□□□□ 新刊のご案内 : 4月14日発売 □□□□□□□□□□□□
■ 震災学vol.8

■内容■

5年目の3.11のルポも含めた「震災学」vol.8の刊行です。

震災は個々の生き方にどんな影響を与えたのか。
地元紙の記者たちはいかなる思いで報道を続けるのか。
そして、遺族は……。
福島第一原発については、元京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さんや経産省資源エネルギー庁汚染水対策官の木野正登さんが登場します。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
発行/東北学院大学
発売/有限会社荒蝦夷
発行日/2016年3月25日、発売日/2016年4月14日
体裁/A5判・232頁
本体予価 1,800円+税
ISBN978-4-904863-52-7 C0036
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
【 目次紹介 】

巻頭言・オニタビラコのこと/佐々木俊三[東北学院大学学長特別補佐]
【第1章】復興を生きる
[基調講演]復興から創生へ/菅原茂(気仙沼市長)
[パネル討論]被災地に暮らす、生き方の選択/宮原育子(宮城学院女子大教授)×山中茂樹(関西学院大災害復興制度研究所顧問)×手塚さや香(釜石地方森林組合)×志村知穂(こころスマイルプロジェクト代表理事)×阿部幹司(花山サンゼット代表取締役)×根岸えま(まるオフィス)×石垣のりこ(FM仙台アナウンサー)
【第2章】災害と住まい
[座談会]仮設住宅と被災地のいま/臼澤良一(岩手県大槌町)×駒林奈穂子(同釜石市)×佐藤康男(宮城県東松島市)×金澤大樹(同栗原市)×磯辺康子(元神戸新聞専門編集委員)
[聞き書き]震災から5年の〈仮の住処〉
ITによる災害公営住宅の高齢者見守り活動/坂本泰伸(東北学院大教養学部准教授)
災害公営住宅のいま/岸上祐子(環境ジャーナリスト)
【第3章】原発のいま
非情なこの国/小出裕章(元京都大学原子炉実験所助教)
原発事故後の福島を見つめ続ける/関口裕士(北海道新聞報道センター記者)
復興を見届けたい/木野正登(経産省資源エネルギー庁汚染水対策官、廃炉・汚染水対策担当室現地事務所参事官)
故郷を追われて/黒坂愛衣(東北学院大経済学部准教授)
【第4章】地元紙から見た5年
[座談会]〈被災三県〉記者たちの5年間/太田代剛(岩手日報報道部次長)×古関良行(河北新報石巻総局長)×松崎俊一(元福島民報南相馬支社長)×佐々木俊三(東北学院大学長特別補佐)×木瀬公二(朝日新聞盛岡総局シニアスタッフライター)
地方紙の存在意義/工藤洋平(デーリー東北久慈支局長)
疑問、葛藤、自責の5年間/小野寺徹(三陸新報記者)
被災者の心に碇を降ろして/武内宏之(石巻日日新聞常務取締役)
原発事故報道の5年/渡邊哲也(福島民友いわき支社報道部長)
〈低認知被災地〉茨城から/小野寺晋平(茨城新聞水戸支社記者)
命と地域を守る〈知恵〉を発信/須藤宣毅(河北新報報道部記者)
【第5章】2016年3月11日
3月がくるたびに/平間真太郎(フリーライター)
隣の被災者/山川徹(ルポライター)
父の〈紙碑〉を立てる/須藤文音(作家)
【第6章】順応的復興の現状と課題
震災後の津波防災の現状と課題/裄V英明(東北学院大教養学部准教授)
”適材適所”の合意形成を目指して/阿部聡史(環境デザイナー)
防潮堤問題と学生の学び/廣重剛史(目白大専任講師・早稲田大平山郁夫記念ボランティアセンターコーディネーター)
地域経済から順応的復興を考える/千葉昭彦(東北学院大経済学部教授)
順応的復興と縮災の精神/千葉一(東北学院大非常勤講師)


□□□□□ 新刊のご案内土方正志 『震災編集者』 (河出書房新社) □□□□□□□□
瓦礫のなかから本を編む

〈荒蝦夷〉土方正志の新刊『震災編集者 東北のちいさな出版社・荒蝦夷の5年間』が河出書房新社より2月22日に刊行です──。


「書き続け、伝え続け、編み続ける。そして、読み続ける人たちがいる」──本文より

自宅全壊、仮事務所での営業再開……止まれば倒産の小さな出版社に届いた言葉──「激励の言葉より本を売る!」。〈被災〉とはなにか、そのとき、本にはなにができるのか。東北のちいさな出版社〈荒蝦夷〉が人々の〈声〉を編み、発信し続けた5年間の記録。

「土方さんはいつだって仙台を徒歩で行き来し、怒ったり嘆いたりしながら仕事のことや町のことを考えている。それは初めて会った15年以上前から変わらない」──伊坂幸太郎
「震災のあとに決意の扉に力を込めてきた土方さんの本を開くのだ」──和合亮一


【目次】
プロローグ 2011年
第1章 被災地の出版社 2012年3月〜
第2章 〈声〉を編む 2013年3月
第3章 生きるための本の力 2013年9月
第4章 底なしの日々 2014年3月
第5章 記録を残し、記憶を継ぐ 2014年9月
第6章 被災地の未来 2015年3月
エピローグ 2016年
本体 1,600円(税別) ISBN 978-4-309-02446-2 / 河出書房新社 東京都新宿区千駄ヶ谷2-32-2 03-3404-1201
ご購入は取扱店またはこちらから【honto】・【amazon
【土方正志/ひじかた・まさし】

有限会社荒蝦夷代表。1962年、北海道生まれ。東北学院大学卒。2000年から2004年にかけて赤坂憲雄・森繁哉責任編集『別冊東北学』(作品社)の編集担当。2005年、仙台に〈荒蝦夷〉設立。
『ユージン・スミス楽園へのあゆみ』(偕成社)により産経児童出版文化賞受賞。ほかの著書に『日本のミイラ仏をたずねて』(晶文社)、『パラリンピック物語』(リトルモア)、『ケンタウロス、走る車いすレーサーたちのシドニー・パラリンピック』(文藝春秋)など。写真家・奥野安彦との共著に『瓦礫の風貌阪神淡路大震災1995』(リトルモア)、『てつびん物語 阪神・淡路大震災ある被災者の記録』(偕成社)がある。
荒蝦夷は東日本大震災後の出版活動により出版梓会新聞社学芸文化賞を受賞。


□□□□□□□□□ 〈荒蝦夷〉2015年の本 □□□□□□□□□□□□
■ 石巻学vol.1

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市。太平洋と北上川に育まれた歴史や文化を掘り起し、今を生きる人の声を届けます。過去・現在・未来をつなぐ地域誌です。



発行/石巻学プロジェクト
発売/有限会社荒蝦夷
発行日/2015年12月26日
体裁/A5判・128頁
本体価格 1,500円+税
ISBN978-4-904863-51-0 C0039
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
【 目次紹介 】

[写真]釜谷 祭りの日……写真◎奥野安彦 文◎古関良行
[座談会]石巻の「色」を映す 『石巻学』のはじまり…赤坂憲雄×高成田享×大島幹雄
[インタビュー]離れて思う鮎川……本間秋彦
復活の鉄路 全線開通した仙石線に乗る……芦原伸
猫島再訪譚……黒木あるじ
私と若宮丸漂流民物語……ダメじゃん小出
【聞き書き 石巻で生きる・石巻と生きる】
「石巻地域学の会」と『石巻学』……阿部和夫
『石巻だより』が伝えたいもの……小野智美
地域の歴史を伝える使命を担う……武内宏之
コバルトーレ女川は地域と共……成田星矢
慶長遣欧使節復興論……濱田直嗣
『ひたかみ』から『石巻学』へ……辺見清二
大切なのは場をつくること……松村豪太
石巻学創刊に寄せて……加藤九祚/鈴鹿景子/つだゆみ   
答辞……木村竣哉
【連載】
岡田劇場物語◇劇場が消えた日……大島幹雄
復活の企業◇ヤマト屋書店 新しいなにかを生み出すために……阿部博昭
石巻さかな族列伝◇「魚のまち石巻」の総合プロデューサー 石巻魚市場社長・須能邦雄……高成田享
本間家蔵出しエッセー◇明治石巻のラッコ猟……本間英一
[特別寄稿]明治30年の渡波におけるフカヒレ製造記録について……佐藤賢一


■ 震災学vol.7
歴史から捉えた災害列島
災後の子どもたち
地域と震災
震災学を再検討する
――――――――――――――――


発行/東北学院大学
発売/有限会社荒蝦夷
発行日/2015年11月30日
体裁/A5判・216頁
本体予価 1,800円+税
ISBN978-4-904863-50-3 C0036
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
【 目次紹介 】

巻頭言◎「帰る」こと、「家族的なもの」の在処/佐々木俊三[東北学院大学学長特別補佐]

【第1章】歴史から捉えた災害列島
日本の国の形と地震史・火山/保立道久[歴史学者・東京大学名誉教授]
古代多賀城・仙台平野における震災と復興/千葉孝弥[多賀城市教育委員会事務局文化財課参事]×松本秀明[東北学院大学教養学部教授]×佐川正敏[同文学部教授]×七海雅人[同文学部教授]

【第2章】災後の子どもたち
5年目の子どもたち/高成田享[仙台大学教授]
〈子ども〉と〈保護者〉を丸ごと支援する/千葉望[フリーライター]
東日本大震災とあしなが育英会レインボーハウス/古関良行[河北新報社石巻総局長]
神戸の震災遺児から学んだこと/八木俊介[あしなが育英会神戸レインボーハウスチーフディレクター]
ある震災遺児のいま 神戸から東北の被災地へ/中埜翔太[神戸市外国語大学4年]
〈家庭〉で育つ権利をかたちに/今野和則[NPO法人子どもの村東北村長]・岡山環[同育親]

【第3章】地域と震災
宮城県の自治体史にみる津波被災の記録について/佐藤賢一[電気通信大学情報理工学部准教授]
災害関連死とは何か/山川徹[ルポライター]
東日本大震災と「幽霊」に関する都市伝説/中森広道[日本大学文理学部教授]
震災と文化財レスキュー/菅野達雄[亘理町立郷土資料館学芸員]
海辺の図書館/庄子隆弘[海辺の図書館理事会準備会委員]

《緊急レポート》
ネパール地震支援が開く共生の扉/平間真太郎[フリーライター]
気仙沼からネパールへ/小田イ輔[作家]
指定廃棄物最終処分場建設候補地・加美町の選択/猪股洋文[宮城県加美町長]

【第4章】震災学を再検討する
震災報道の今〜4年間の変遷とこれから/今野俊宏[河北新報社編集局次長兼報道部長]
防潮堤問題のその後と現状/千葉一[東北学院大学非常勤講師]
韓国における震災学・災難学/金暎根[高麗大学グローバル日本研究院教授]


■ 『奥松島物語』 第3号

監修◎赤坂 憲雄/責任編集◎西脇千瀬
発行:奥松島物語プロジェクト、発売:荒蝦夷

津波にのまれた奥松島(宮城県東松島市。旧鳴瀬町)の歴史を掘り起こす地域誌。「御潮垢離」神事が受け継がれる小野地区を特集。鳴瀬川上流に位置する加美町から河口まで神さまが下りてくる神事を通して、地域の過去と現在が浮かび上がる。


発行日/2015年9月1日
体裁/A5判・80頁
本体価格 1,000円+税
ISBN 978-4-904863-49-7
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
【 目次紹介 】

オランダで考えたこと〈第3号に寄せて〉 西脇千瀬
[詩]メッセージ 北原悠子
奥松島入門 浜市の御潮垢離 加美の神さまの禊 西脇千瀬
浜下り遠景 佐々木長生
永久につづける 尾形京子/石森宏輔
海辺のいのちを訪ねて 復旧事業で失われたもの 永幡嘉之
エジプトダンス 未来に広がりゆく秘かな伝統 黒沼俊郎
ふるさとの歴史散歩 元文の黒船と「おめつき」 佐藤康男
[聞き書き]記憶の風景 野蒜家娘記 高橋さだ子
鳴瀬・思い出雑記帳 東名のお祭り―塩釜神社例大祭― 飯川悦子
帰ってきた仙石線 そして、ありがとう代行バス 松川清子
小野・野蒜・宮戸イラスト日記帳3〈小野編〉 下河原幸恵


■ 異郷被災――東北で暮らすコリアンにとっての3.11
行政や団体、地域の危機管理ご担当者、防災・減災ご担当者、
被災地支援に取り組まれる皆さん、必読。 類書のない第一次資料です。
東日本大震災在日コリアン被災体験聞き書き調査から

[編]東日本大震災在日コリアン被災体験聞き書き調査プロジェクト(代表・赤坂憲雄)


2011年3月11日、被災三県(岩手・宮城・福島)で東日本大震災を体験した在日コリアンや結婚・留学あるいは仕事のために来日した韓国からの新定住者たちのライフヒストリー。30代から90代まで42人の聞き書きの記録。国境を超えて東日本大震災の経験を伝えるための試み。


発行/有限会社荒蝦夷
発行日/2015年7月17日
体裁/四六判・384頁
本体価格 2,700円+税
ISBN978-4-904863-48-0 C0036
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
【 目次紹介 】

はじめに 赤坂憲雄(東日本大震災在日コリアン被災体験聞き書き調査プロジェクト代表/学習院大学教授)

釜石に生きる 金賢佑 岩手県釜石市
ここがふるさと 崔在淳/朴明子 岩手県山田町
今がいちばん幸せだね 朴日順 岩手県宮古市
仮設に生きる 金田忠男 宮城県石巻市
「帰ることのできない町」を思う L・M 宮城県Y市
炊き出しを通して気づいたこと 李京子 宮城県仙台市
避難所の「とらの子」 柁原春子 宮城県石巻市
原点に還る 邉龍雄 岩手県盛岡市
韓国料理店が各国留学生の避難所に 李光馥 宮城県仙台市
コリアンと日本人の新しい関係 韓泰成 宮城県仙台市
支援しながら、支援されながら涙した日々 姜英萬 岩手県盛岡市
人間関係の大切さを再確認 全慶禧 宮城県気仙沼市
商売のためなら住むのはどこでもいい 中村英一 福島県郡山市
生まれた街が津波にのまれて 富田正 岩手県釜石市
あの日から世界は変わった 李根 宮城県仙台市
おふくろが見守ってくれた 河元一 岩手県大槌町
もらったお米を向かいの親子に食べさせた L・Z 宮城県石巻市
子供たちのためにも頑張る 須田淑江 宮城県女川町
キムチはあきらめたが日本で暮らす J・U 宮城県仙台市
家を守ってもっと人の役に立ちたい 鈴木錦子 福島県二本松市
主人と娘と仮設の暮らし 富田幸子 岩手県釜石市
神様だけが私を許してくれる 安藤真由子 宮城県石巻市
石巻の再会 千葉忍/千葉秀記 宮城県石巻市
被災地支援の日々 金東暎 宮城県仙台市
家族、そして従業員たち 孫哲鎬 福島県郡山市
郡山に留まって 銭相文 福島県田村市
外国人と日本の家族 加藤直美 宮城県Z市
移住者の一人としての私 李善姫 宮城県仙台市
私の帰りたい場所 今野李花 宮城県石巻市
災害情報の意味を初めて知った 金尚国 宮城県仙台市
いつか再びふるさとへ 張英敏 東京都
被災地の格差を埋める 李東勲 宮城県石巻市
人と人を繋ぐ仕事をしたい 金順姫 宮城県仙台市
地域の一員としての朝鮮学校 玄唯哲 宮城県仙台市
妻について 金日光 宮城県名取市
心の落ち着きはまだない 阿部ハナ 宮城県石巻市
「地元」は仙台 朴成俊 宮城県仙台市
ある総領事館職員の3・11 梁祐宗 宮城県仙台市
日韓関係の研究と震災体験 嚴泰奉 宮城県仙台市
3・11を体験した仙台人としての共感 尹賢美 宮城県仙台市
震災を経験したからこそ独立の覚悟ができた 張泰成 宮城県仙台市
僕は「外国人市民」になった 姜正敏 宮城県仙台市

おわりに 郭基煥(東北学院大学教授/同大災害ボランティアステーション所長)


伊坂幸太郎さん『仙台ぐらし』(集英社文庫)が6月25日発売!

〈荒蝦夷〉版未収録だった「仙台文学館へのメッセージ」と文庫版あとがきとして「見知らぬ知人が多すぎるV」を増補。編集・解説は〈荒蝦夷〉が担当しました。ぜひ!


ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■ 震災学vol.6
原発をめぐる現在
過去に学ぶ
自立する市民の震災復興





発行/東北学院大学

発売/有限会社荒蝦夷
発行日/2015年3月16日
体裁/A5判・280頁
本体価格 1,800円+税
ISBN978-4-904863-47-3 C0036
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
【 目次紹介 】

巻頭言・「小さきもの」の行末について/佐々木俊三[東北学院大学副学長]

【第一章】原発をめぐる現在
福島第一原発のいま/ハッピー[福島第一原発作業員]
海峡を隔てて 函館から見る大間原発/中川大介[北海道新聞函館支社報道部次長]
いま、地域が声を上げるとき/工藤寿樹[函館市長]
〈無責任社会〉を終わらせよう/逢坂誠二[民主党衆議院議員]
[聞き書き]〈候補地〉としての12ヵ月
 ◎宮城県指定廃棄物最終処分場建設候補地をめぐる動き/岸上祐子[環境ジャーナリスト]
 ◎栗原市・加美町・大和町住民の声

【第二章】過去に学ぶ
破壊の跡地を歩く――1・17、5・12、9.11/五十嵐太郎[東北大学大学院工学研究科教授]
2015年1月17日の神戸/山川徹[ルポライター]
被災地の天使・黒田裕子さん――その思想と行動/室崎益輝[兵庫県立大学防災教育センター長]
正岡子規の明治三陸大津波/清水ますみ[根岸子規会]
《再録》明治三陸地震津波の新聞報道と絵画/林誠[長野県立歴史館学芸員]

【第三章/自立する市民の震災復興】
被災した日常とボランティア/木瀬公二[朝日新聞社盛岡総局シニアスタッフライター]
震災初期・被災事業所支援奮闘記/千葉勝由[仙台商工会議所中小企業支援部長]
防災分野における国際NGOの可能性/合田茂広[ピースボート災害ボランティアセンター理事]
震災学の地平を耕す視座/岡田憲夫[関西学院大学災害復興制度研究所長]
「冬眠から覚めた愛」は自然に眠るのか/郭基煥[東北学院大学経済学部教授]
復興支援活動から見た行政システムと市民社会の「災後」/齊藤康則[同大学経済学部准教授]
被災地/者と災害ボランティアステーションの行方/
 原田均吾[山元いちご農園職員]×泉正樹[東北学院大学経済学部准教授]×相澤孝明[同大学学長室事務課]×
 保坂隼人×五嶋優希×市川文章[以上、同大学災害ボランティアステーション学生]


□□□□□□□□□ 〈荒蝦夷〉2014年の本 □□□□□□□□□□□□
■ 震災学vol.5
■特集■震災と宗教

この厄災により未だかつてない悲しみや不安、悼む心を抱えた私たちは、宗教に何を求めるのか。宗教者は現場でどのように人々と向き合うのか。そもそも悼む心とはいかなるものなのか。そのヒントを探る。

発行/東北学院大学
発売/有限会社荒蝦夷
発行日/2014年12月18日
本体価格1,800円+税
ISBN978-4-904863-46-6 C0036
ご購入は取扱店またはこちらから【honto

■ 『高沢マキ 詩と詩論 さんまのしっぽ 悲しみは清らかにながれる 声に出して読む赤塚豊子』
高沢マキ[著]

山形在住の詩人・高沢マキによる詩17編「さんまのしっぽ」と、夭折した同郷の詩人・赤塚豊子(1948〜1972)の生涯をたどる詩論「悲しみは清らかにながれる」を収録。小児麻痺のためペンを持つことのできない赤塚豊子がカナタイプライターによって記した珠玉の詩を、高沢マキが読み解く。いまここで、二人の詩人の魂が響きあう。 「だれもがみな、震災以後を生かされている。ことばは打ちのめされ、傷つき、ひとたび離散を遂げた。もはや、それは震災以前の無垢さを持たない。高沢マキさんは震災以後に、この詩集の全編を一気に書きおろした。震災以前に属するさりげない日常のかけらが、震災以後のことばで拾われている。無心に、祈るように。そして、かたわらには詩人・赤塚豊子が佇んでいる。思えば、その夭折のひとには、さりげない日常がなかった。以前も、以後もなかった。しろい雲の舟で、そらの海を放浪したい、と願った。東北の血とかなしみは、いまも清らかに流れている。時を越えて、ふたりの詩人がそれを伝えている。」 〈赤坂憲雄/帯より〉

2014年9月30日発売
四六判120頁/並製/本体価格1,700円+税
ISBN 978-4-904863-45-9 0092
ご購入は取扱店またはこちらから【honto

■ 『やまがた再発見 1』
山形新聞社[編]
赤坂憲雄、岩井哲、大原螢、片桐隆嗣、高沢マキ、高橋義夫、内藤正敏、森繁哉、森岡卓司、山本陽史[著]

山形新聞で2010年より連載が始まった人物紀行「やまがた再発見」の集成第一弾。だれもが知る著名人から地域に生きた名もなき人まで、明治以降さまざまな分野で活躍した山形人や山形に足跡を残した文人墨客20人に光を当てる。多彩な執筆陣がそれぞれの視点から人物を選び、独自の切り口でその生き方に迫っている。

2014年7月3日発売
四六判336頁/並製/本体価格2,200円+税
ISBN 978-4-904863-44-2 0095
ご購入は取扱店またはこちらから【honto

■ 佐々木俊三 『随筆と語り 遠来の跫音』
佐々木俊三[著]
[ささき・しゅんぞう]東北学院大学副学長、同大学教養学部教授。1947年、東京都生まれ。上智大学文学部卒業、東北大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専攻は哲学。同大学災害ボランティアステーションの初代所長として被災地支援に取り組む一方で、雑誌『震災学』創刊を担当するなどした。

グールド、ロッセリーニ、ゴッホ、谷崎潤一郎、そしてハイデガー、ヘーゲル――。
雑誌『震災学』(東北学院大学発行)を立ち上げた著者が、芸術から哲学まで、そして幼い日の思い出から震災後のことどもについて綴り、語った言の葉、41編を収録したエッセイ集。

2014年6月23日発売
A5判456頁/上製/定価2,000円+税
ISBN 978-4-904863-43-5
ご購入は取扱店またはこちらから【honto

■ 『福島へ/福島から 赤坂憲雄エッセイ集 福島民報〈日曜論壇〉2004〜2013』
赤坂憲雄(福島県立博物館館長/遠野文化研究センター所長/学習院大学教授)が10年にわたって綴った、あの日までの福島、あの日からの福島。『福島民報』掲載を加筆修正して単行本化。

2014年3月6日発売
四六判◎128頁
本体価格 1,500円+税
ISBN 978-4-904863-39-8
ご購入は取扱店またはこちらから【honto

■ 『奥松島物語』第2号
監修◎赤坂 憲雄/責任編集◎西脇千瀬
発行:奥松島物語プロジェクト、発売:荒蝦夷

3.11の津波にのまれた奥松島(旧鳴瀬町)の歴史を、記憶を手掛かりに掘り起こす地域誌。第2号は縄文遺跡のある宮戸地区を特集。登場・執筆は赤坂憲雄、大島幹雄、岡村道雄、菅原弘樹、下河原幸恵、永幡嘉之、西脇千瀬、松川清子ほか。

2014年3月8日発売
A5判◎80頁
本体価格 1,000円+税
ISBN 978-4-904863-38-1
ご購入は取扱店またはこちらから【honto

■ 遠野学 vol.3
赤坂憲雄責任編集
発行:遠野文化研究センター、発売:荒蝦夷

特集/佐々木喜善ルネッサンス グリム兄弟と佐々木喜善
『遠野物語』の語り部、佐々木喜善は〈日本のグリム〉と称される。喜善没後80年を機に業績を再評価し、グリム兄弟への理解を深めるための第一歩がここに。
[登場者・執筆者]赤坂憲雄、芦原伸、川ア瑞穂、黒木あるじ、高橋克彦、西口拓子、橋本孝、深澤優美、ブルクハルト・クリンク、ホルガー・エアハルト、三浦佑之、道又力ほか◎第3回遠野文化奨励賞受賞作発表◎

2014年4月17日発売
A5判◎256頁
本体価格 2,000円+税
ISBN978-4-904863-42-8
ご購入は取扱店またはこちらから【honto

■ 遠野文化友の会会報マヨヒガ vol.4
発行:遠野文化研究センター、発売:荒蝦夷

〈喜善さん〉の足跡をたどる/[座談会]喜善終焉の地・仙台から/重要文化財千葉家の過去・現在・未来/[聞き書き]千葉家の庭の60年◎[特別寄稿]ゲーザ・ノイエルト◎[遠野小説]ジャパコミ◎木瀬公二の遠野だより

2014年4月17日発売
B5判◎48頁
本体価格 800円+税
ISBN 978-4-904863-41-1
ご購入は取扱店またはこちらから【honto

■ 『仙台学』vol.15
たいへん長らくお待たせいたしました。
『仙台学』vol.15、いよいよ刊行です。

東北に暮らす作家たち(熊谷達也、玄侑宗久、佐伯一麦、和合亮一)に加え、災後の東北に思いを寄せるいとうせいこう、東北にルーツを持つ日系アメリカ人作家マリー・ムツキ・モケットのロングインタビューやエッセイを収録。
〈第3回みちのく怪談コンテスト〉受賞作とともに、選考委員(高橋克彦×赤坂憲雄×東雅夫)による選考会の模様もご紹介します。
[競作みちのく怪談2014]や[男たちは北へ 幕末維新断章]もお見逃しなく。

2014年2月24日発売
A5判◎224頁
本体価格 1,700円+税
ISBN978-4-904863-37-4 C0039
ご購入は取扱店またはこちらから【honto

■ After 3.11 東日本大震災と東北学院
東北学院東日本大震災アーカイブプロジェクト委員会[編]

6つのキャンパスに幼稚園から大学院まで在学生14800人、教職員680人を擁する東北最大規模の学校法人、東北学院。東日本大震災という未曽有の経験に、あのとき、あの場所、あの部署ではいかに対応したのか。災後をいかに生きようとしているのか。ディテールを極めた記録集。防災・減災・危機管理の参考と教訓にも。詳細な資料編付き。

2014年3月1日発売
四六判上製◎652頁
本体価格 2,858円+税
ISBN 978-4-904863-36-7 C0036
発行/学校法人東北学院
発売/有限会社荒蝦夷
ご購入は取扱店またはこちらから【honto

■ 震災学 vol.4


議論沸騰の防潮堤問題を特集。

2014年3月5日発売
本体予価 1,800円+税
ISBN978-4-904863-40-4 C0036
発行/東北学院大学
発売/有限会社荒蝦夷
ご購入は取扱店またはこちらから【honto


■ 未来へ伝える 私の3・11 語り継ぐ震災 声の記録
 3.11東日本大震災から2年半がたった今も、震災の傷は癒える事はありません。IBC岩手放送ラジオではこの震災について、忘れられない体験や伝えたい思いを綴ったリスナーの手記を募集し、毎週土曜日(13:00〜15:20)放送の「大塚富夫のTOWN」番組内で「未来へ伝える〜私の3・11」として大塚富夫アナウンサーによる朗読でリスナーに届けてきました。
 「今後、長く続く復興の過程で、記された手記は必ずや未来の道しるべとなるはず…」
 本書は各地のリスナーから寄せられた震災手記と大塚アナウンサーの朗読で、被災者の人たちの2年半の思いを伝えます。IBC岩手放送の歩みの一つとして、そして、震災を風化させないための「声の記憶」として――。
■未来へ伝える 私の3・11 語り継ぐ震災 声の記録@

【洋野町 久慈市 田野畑村 宮古市 山田町 大槌町 釜石市】
朗読:大塚富夫(IBC岩手放送)/編集協力:荒蝦夷
定価1600円+税 
A5判/192ページ/朗読CD付き

ご購入は取扱店またはこちらから【honto

■未来へ伝える 私の3・11 語り継ぐ震災 声の記録A

【大船渡市 陸前高田市 盛岡市 花巻市 北上市 西和賀町 奥州市 平泉町 一関市】
朗読:大塚富夫(IBC岩手放送)/編集協力:荒蝦夷
定価1600円+税 
A5判/216ページ/朗読CD付き

ご購入は取扱店またはこちらから【honto
CDブック 8月2日発売
編集協力:荒蝦夷 
発行:竹書房/編:IBC岩手放送

〈荒蝦夷〉2013年の本

■ 西村寿行 『蒼茫の大地、滅ぶ』

幻の大作、再臨。
中国大陸から飛来した飛蝗(バッタ)の大群に劫略され、荒廃する蒼茫の大地・東北。壊滅の危機に陥りながら、中央政府との対立の末に、東北は決断する……東北よ、独立せよ。東北は〈蒼茫の大地〉を取り戻すことができるのか、東北に未来はあるのか。動乱の幕が上がる。1978年に発表されるやベストセラーとなった伝説のSFパニック大作を、いま再び、東北から。
[山折哲雄/本書解説より]
東北の地は荒廃と沈没の危機にさらされ、今なお苦境と悲劇のまっただなかに呻吟している。地下に眠る西村寿行は、今日における東北の命運をはたしてどのように眺めているだろうか。

定価:本体2,300円+税 2013年12月発売
ISBN978-4-904863-33-6
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■ 仙台で夏目漱石を読む 仙台文学館ゼミナール講義記録

漱石が生きた百年前の世界に目を凝らせば、〈3.11〉に至る〈近代〉が浮かび上がる。漱石の蔵書や直筆資料を一括所蔵する東北大学附属図書館「漱石文庫」を擁する仙台で、誰もが一度は読んだことのある漱石作品を改めて読み解く。漱石文学評論の第一人者、小森陽一東京大学教授による仙台文学館の人気ゼミナール「夏目漱石を読む」(2012年度・全5回)を採録。

小森陽一[著]/仙台文学館[編]
定価:本体1,500円+税 2013年10月発売
ISBN978-4-904863-34-3
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■ 震災学 vol.3

東日本大震災の被災地から発信する総合誌。vol.3では仮設住宅を特集。東日本大震災では応急仮設住宅は53,500戸が建設された、建物として、コミュニティとして、そして震災のプロセスとしての仮設住宅とは何なのか。その歴史を繙くとともに、阪神・淡路大震災や北海道南西沖地震、雲仙・普賢岳噴火災害の当事者の報告や、今なお仮設住宅に暮らす10家族の声など、さまざまな角度から〈カセツ〉を見つめる。

発行:東北学院大学 発売:荒蝦夷
定価:本体1,800円+税 2013年10月発売
ISBN978-4-904863-35-0
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■ みちのく怪談コンテスト傑作選2011

東日本大震災が起きた2011年、被災地から発信した文芸コンテスト。〈みちのく〉 をテーマとして公募した800字怪談、入賞作品を中心に119の怪異譚 を精選。
<鎮魂と慰霊>の一冊を、いま。
■編者:高橋克彦/赤坂憲雄/東雅夫
■装画:金子富之

発行:荒蝦夷
定価:本体1500円+税 2013年8月発売
四六判290頁 ISBN978-4-904863-32-9

ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■ みちのく怪談コンテスト傑作選2010

2012年は『遠野物語』の著者・柳田国男の没後50年、そして2013年は『遠野物語』の語り部・佐々木喜善の没後80年。第一特集は柳田没後50年を機に開催した国際フォーラムの詳録。第2特集では喜善の未公刊書簡や小説、終焉の地である宮城県仙台市との繋がりなどを取り上げて、『遠野物語』以外の喜善の足跡に迫る。
■編者:高橋克彦/赤坂憲雄/東雅夫
■装画:金子富之

発行:荒蝦夷
定価:本体1500円+税 2013年5月発売
四六判288頁 ISBN978-4-904863-27-5

ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■ 遠野学 vol.2

2012年は『遠野物語』の著者・柳田国男の没後50年、そして2013年は『遠野物語』の語り部・佐々木喜善の没後80年。第一特集は柳田没後50年を機に開催した国際フォーラムの詳録。第2特集では喜善の未公刊書簡や小説、終焉の地である宮城県仙台市との繋がりなどを取り上げて、『遠野物語』以外の喜善の足跡に迫る。

発行:遠野文化研究センター
発売:荒蝦夷
定価:本体2000円+税 2013年4月発売
A5判 336頁
ISBN978-4-904863-30-5

ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■ 遠野文化友の会会報 マヨヒガ vol.3

遠野の文化を口承によって語り継ぐため遠野市が立ち上げた〈遠野「語り部」1000人プロジェクト〉。昔話、歴史、食、郷土芸能、生業の「語り部」が思いを語る。ほか、赤坂憲雄所長と荒田昌典前副所長による対談、『遠乃物語』著者の藤崎慎吾インタビューなど。

発行:遠野文化研究センター
発売:荒蝦夷
B5判・48頁
定価:本体価格800円+税 2013年4月発売
ISBN978-4-904863-31-2

ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■ 震災学 vol.2

東日本大震災によって浮かびあがる問いを、被災地・東北から発信する『震災学』。Vol.2では、福島第1原発の事故を特集。原発事故は何をもたらしたのか、原発を抱える相双地区には、いかなる文化風土が横たわるのか――。地元に暮らす人の声や地方紙記者などの視点も加え、原発を多面的に照らす。〈年2回刊〉

発行:東北学院大学 発売:荒蝦夷
定価:本体1,800円+税 2013年3月発売
ISBN978-4-904863-29-9
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■ 新・遠野物語 遠野まごころネット被災地支援への挑戦 2011-2013

〈遠野まごころネット〉は沿岸被災地の支援拠点。東日本大震災の発生直後、明治・昭和の三陸大津波でも支援拠点となった岩手県遠野市に設立され、これまで8万人のボランティアを送り出した。活動の合言葉は「出る杭は、どんどん引っ張り上げる。ノーではなくイエスを前提に」。その2年間の支援の軌跡をここに。

遠野まごころネットには、制約はほぼなく、指示を出す人もいない。やることは自分で決める。情報を共有する会議も参加自由。そんな「まごころ方式」が受け入れられて、やって来るボランティアは日増しに増えた――[木瀬公二/本書「遠野まごころネット物語」より]

定価:本体1,600円+税 2013年3月発売
ISBN 978-4-904863-28-2
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■ 『奥松島物語』 創刊号

監修◎赤坂憲雄/責任編集◎西脇千瀬
発行■奥松島物語プロジェクト/発売■荒蝦夷

〈震災で消えた町の記憶をたぐりよせる地域誌〉
130年前、一大国家プロジェクト〈野蒜築港〉で沸き立った宮城県旧鳴瀬町(現東松島市)。
東日本大震災で津波に呑みこまれ、すでに薄れつつあった地域の歴史がさらに忘却の底に沈もうとしている。
気鋭の地域社会史研究者が人々の〈記憶〉を手掛かりに、地域史を掘り起こします。

定価:本体1,000円+税 2013年1月発売
ISBN978-4-904863-26-8
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
〈荒蝦夷〉2012年の本

■仙台学 vol.14 赤坂憲雄「震災論U」/第2回みちのく怪談コンテスト

第1特集は〈赤坂憲雄「震災論U」〉。赤坂さんが東日本大震災について全国各紙誌に発表された原稿を集成してお届けする特集の第2弾です。
第2特集は〈第2回みちのく怪談コンテスト〉。ネットで募集した800字怪談265編から選りすぐった受賞作・入賞作を一挙掲載。選考委員の高橋克彦さん、赤坂さん、東雅夫さんによる選考会の激論と併せてお届けします。

池澤夏樹さん、佐伯一麦さんのエッセーもお見逃しなく。

定価:本体1,500円+税 2012年12月発売
ISBN 978-4-904863-25-1 C0039
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■旅随筆集 麦の冒険 佐伯一麦

佐伯一麦、旅に出る。
デンマーク、ノルウェー、モンゴル、中国。
あるいは、生まれ育った広瀬川のほとりや、その上流の山々を友と歩く――。
仙台に暮らし、書き続ける作家・佐伯一麦が、旅を思い、旅の空から紡ぐ珠玉の随筆集。
震災後に執筆した紀行文を含む精選30篇です。
難破船に乗った我々は、これからどこへ向かうのか。――〈本書「あとがき」より〉

定価:本体1,500円+税 2012年9月発売
ISBN978-4-904863-24-4 C0093
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■震災学vol.1 

仙台市にある東北学院大学は震災直後、学内に災害ボランティアステーションを開設。全国の大学と連携し、被災地支援の拠点として活動を展開してきました。そんな被災地の大学が被災地からの視点で、大学や学問領域を超えて震災を多角的に見つめ、考え、問いを発信します。
震災が問うた基礎的な諸問題/被災地の現実/災害とボランティア/唐桑の漁業と災害/災害とジャーナリズム
【特別寄稿】熊谷達也

発行:東北学院大学 発売:荒蝦夷
定価:本体1,800円+税 2012年7月発売
ISBN 978-4-904863-23-7 C0036
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■ことばの杜へ 山形新聞社編

芥川龍之介から森敦、鴨長明から山上憶良、イエーツからバイロン、マレーヴィチ、杜甫から老子、そして大槻ケンヂから岡崎京子、山田洋次まで。6人の研究者が古今東西の名作から選び抜いた、心に響く珠玉の〈ことば〉90篇が一冊に。あの本を、また開いてみたくなるエッセイ集。山形新聞好評連載の集成。
[執筆者] 阿部裕美(東北文教大学短期大学部教授)/清宮剛(米沢女子短期大学名誉教授)/馬場重行(米沢女子短期大学教授)/ 佐々木紀一(米沢女子短期大学准教授)/中村唯史(山形大学教授)/渡辺暁雄(東北公益文科大学准教授)
[解説] 高橋義夫

定価:本体価格1,500円+税 2012年7月発売
ISBN 978-4-904863-22-0 C-0095
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■東北知の鉱脈3 赤坂憲雄

東北の先人たちの足跡を旅する<新・赤坂東北学>。
河北新報好評連載集成第3弾。東北人物紀行シリーズいよいよ完結。
<登場人物>佐々木喜善(岩手)/志賀潔(宮城)/斉藤茂吉(山形)/太宰治(青森)/ 藤原相之介(宮城)/高村智恵子(福島)/棟方志功(青森)/朝河貫一(福島)/ 瀬川清子(秋田)/小林多喜二(秋田)/柳田藤吉(岩手)/松本十郎(山形)
【巻末対談】高橋克彦(作家)×赤坂憲雄 

定価:本体1,700円(税別)2012年5月発行
ご購入は取扱店またはこちらから【honto

講演録の閲覧はこちらから【『遠野物語』は百歳になった
■遠野学 vol.1 創刊号 【特集】震災と文化

責任編集◎赤坂憲雄
創刊に寄せて 赤坂憲雄
「遠野物語より」――抜粋改稿 京極夏彦
『遠野物語』 新しい読みへ 三浦しをん×赤坂憲雄 北川フラム/熊谷賢/栗原祐司/近藤誠一/佐々木健/中村仁彦/西舘好子/西脇千瀬/本田敏秋/三浦佑之/湊敏/山折哲雄
[第1回遠野文化賞・遠野文化奨励賞発表]遠野市立遠野小学校/菊池弥生
[論考]東雅夫/佐々木長生/小田富英

発行:遠野文化研究センター 発売:荒蝦夷
定価:本体2,500円+税 2012年5月発売
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■復刻版 明治29年「風俗画報」臨時増刊 大海嘯被害録
  遠野文化友の会会報 マヨヒガ vol.2

明治三陸大津波を報じるグラフ雑誌『風俗画報』の臨時増刊(118号〜120号)。
写真の印刷技術がない時代、写実的な絵をふんだんに盛り込んだ本書は貴重な災害記録となった。
伝説の書を合本復刻。

発行:遠野文化研究センター 発売:荒蝦夷
定価:本体2,000円+税 2012年5月発売
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■遠野文化友の会会報 マヨヒガ vol.1
「遠野物語」を生んだ岩手県遠野市。その歴史や文化を掘り起こし、町づくりに生かす目的で遠野文化研究センターは誕生した。同時に、遠野に心を寄せる人たちの交流の場である「遠野文化友の会」会報誌も創刊。東日本大震災の被災地のため、「文化による復興支援」から活動を始めたセンターを紹介する。
[特集]誕生 遠野文化研究センター
未来へ向かって 本田敏秋×赤坂憲雄×小井口有
山折哲雄/三浦佑之/高橋克彦/西舘好子
北川フラム/玄侑宗久/関野吉晴/斎藤純/東雅夫/高成田享/森繁哉ほか
[連載]熊谷達也/勝山海百合/木瀬公二

発行:遠野文化研究センター 発売:荒蝦夷
定価:本体500円+税 2012年5月発売
ご購入は取扱店またはこちらから【honto
■仙台ぐらし 伊坂幸太郎

地域誌『仙台学』の1号から10号まで(2005〜2010年)の連載エッセイ「仙台ぐらし」(全面改稿)と、単発エッセイ1編に、震災後のエッセイ「いずれまた」「震災のあと」「震災のこと」、そして宮城県沿岸を舞台に移動図書館(ブックモビール)のボランティアを主人公とした書き下ろし短編「ブックモビール a bookmobile」を収録。

定価:本体1,300円+税 2012年2月発売
ISBN 978-4-904863-18-3 C-0093
ご購入は取扱店またはこちらから【honto



旧年中はまことにお世話になりました……などと、
決まり文句をいくら繰り返しても足りない年頭となりました。

読者のみなさんをはじめとして関係各位に言葉に尽くせぬほどに
お世話になって、おかげでなんとか新年を迎えることができました。

ほんとうに、ほんとうにありがとうございました。

あの日から10か月ほどしか経っていないのが信じられない思いですが、
新しい年も東北にこだわった本を出し続ける所存ですので、
引き続き〈荒蝦夷〉にご注目いただければ幸いです。

今年が東北にとって佳き日々となることを祈りつつ
────2012年元旦 荒蝦夷一同

〈荒蝦夷〉2011年の本
『仙台学vol.11 東日本大震災』
仙台学vol.11 東日本大震災


ご購入は取扱店
またはこちらから【honto
『12の贈り物 東日本大震災支援岩手県在住作家自選短編集』
12の贈り物
東日本大震災支援岩手県在住作家
自選短編集


ご購入は取扱店
またはこちらから【honto

『仙台学vol.12 東日本大震災 揺れ痕の声』
仙台学vol.12 東日本大震災
揺れ痕の声


ご購入は取扱店
またはこちらから【honto
『天晴れ!盛岡文士劇 役者になった作家たち』
天晴れ!盛岡文士劇
役者になった作家たち


ご購入は取扱店
またはこちらから【honto
『仙台学vol.13 赤坂憲雄「震災論」』
仙台学vol.13 赤坂憲雄「震災論」


ご購入は取扱店
またはこちらから【honto
『黒木あるじのみちのく異界遺産 やまがた篇』(DVD)
黒木あるじのみちのく異界遺産
やまがた篇(DVD)


ご購入は取扱店
またはこちらから【honto
『復刻版 昭和24年 宮城県郷土かるた』 復刻版 昭和24年
宮城県郷土かるた


ご購入は取扱店
またはこちらから【honto
今般、私たち〈荒蝦夷〉は、
第27回梓会出版文化賞新聞社学芸文化賞を受賞いたしました。

災厄の年にあって、みなさまからのご支援、ご愛顧、ご愛読の賜物と存じます。
まことにありがとうございました。

これからも東北にこだわり続ける所存ですので、
今後共〈荒蝦夷〉の本を、何卒宜しくお願い申し上げます。

2011年12月1日

有限会社荒蝦夷 土方正志/千葉由香

[出版梓会ホームページ]http://www.azusakai.or.jp/